ライフ・ブレークスルー・ジャパン株式会社ロゴ 人と組織のブロックを「ブロック」で解決する専門家。
資料請求 お問い合わせフォーム
  • ご相談から
 企業研修までの流れ
  • ご相談から
 企業研修までの流れ
  • 企業研修プログラム一覧
  • 代表 プロフィール
  • LEGO® SERIOUS PLAY® 
(LSP)について
  • LSPの特徴と効果
  • LSPの流れ
  • LSPワークショップ風景
  • 受講されたお客様の声

LSPメソッドを使うメリット

 

組織の関係性改善に効果的な「対話の場」を実現

 

 

企業において、レゴ®シリアスプレイ®の手法を活用したワークショップを導入するメリットを一言でいうと、「対話の場」を作れる、ということです。「対話」こそが、「組織の関係性」を改善する最も効果的なコミュニケーションです。

 

まず、企業におけるコミュニケーションの形態を大雑把に分類してみると、大きく3つに分けることができると思います。

 

それは、「議論」、「雑談」、そして「対話」です。

 

しかし現状、多くの企業においては、ほぼ「議論(会議)」と「雑談(飲みニケーション)」の2つだけ、というところが多いのではないでしょうか。もちろん、議論も雑談も必要ですし、大切です。しかし、この2つのコミュニケーションの特徴を分解してみると、いくつか問題が見えてきます。

 

● 議論(会議):“真剣な雰囲気の中で、真剣な内容”

 

議論は真剣な内容を語り合う、俗にいう会議ですが、いかがでしょうか?会議って、苦痛だったり、退屈だったりすることが多くありませんか?雰囲気が固かったり、上司からのプレッシャーを感じたり、そもそも内容に興味がなかったりで、参加者全員がイキイキと自由闊達に議論しているというケースは稀だと思います。また、自分の思いや意見を会議で100%表現できているという人も非常に少ないのではないでしょうか。だいたい、参加者の2割程度の方が議論の8割を独占しているという風に言われています。

 

● 雑談(飲みニケーション):“自由な雰囲気の中で、たわむれ的な内容”

 

一方、雑談、分かりやすい例では「飲みニケーション」ですが、こちらはどうでしょう。
お酒も入ったりして、非常にリラックスして自由に話がしやすい、というのが雑談の大きな特徴で、少人数での関係性を深めるのには非常に効果的です。しかしながら、アルコールの勢いもあって、現実性に乏しい話になってしまったり、単に不平・不満を吐き出すガス抜きだけになってしまったり(それはそれで大事ではありますが)、日々の業務の中で活かすのはなかなか難しい“戯れ”になってしまうことも多いと思います。さらに、最近の若手社員は飲みニケーションを敬遠する傾向にあるとも言われています。

 

そこで、最近注目されている「対話」というコミュニケーション。これには一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

● 対話:“自由な雰囲気の中で、真剣な内容”

 

「対話」は、コーチングやカウンセリングのスキルとして語られることも多いですが、基本は「自由な雰囲気(何でも言える雰囲気)の中で、真剣に語り合う」というコミュニケーションです。大切なことは、「相手の話を判断せず、反論せず、最後までしっかり聞く」という、俗に「傾聴」と言われる姿勢です。
人は根源的な欲求として「認められたい、聞いてもらいたい」という感情を誰しもが持っています。これが満たされたないと、ストレスや自信喪失や他人への不信感へと発展していってしまいます。例えビジネスマンであっても、感情を持った人ですから、「認められたい、聞いてもらいたい」という思いは同じです。それを満たせるのは、自由に、でも互いに理性を保った状態で語り合える「対話」が一番効果的なのです。そして、この「対話」こそが、「組織の関係性」改善に最も効果的なコミュニケーションなのです。

 

しかし、この「対話」、企業の中で一体どうすれば実現できるのか?というのが大きな課題でした。メンバー全員を会議室に集めて、「さあ、今日は対話をしよう!」といっても、うまくいかないことは創造に難くないと思います。

 

それを、レゴ®ブロックという道具と、ひとりひとりの「手」を活用して、いとも簡単に実現してしまうのが、レゴ®シリアスプレイ®という手法なのです。

 

レゴ®シリアスプレイ®の手法を使うメリットは、組織の関係性改善に効果的な「対話の場」を実現できる、ということなのです。